bijutsuhin.com
HOME トピックス 谷内六郎作品 美術絵本  「京の絵本」 木版画作品 陶器・平成新作仏画・その他 作品 ご購入
Topics1
「伝統芸術京都手摺木版画」のご案内
文化庁「国宝技術指定」及び、「京版画」として京都伝統工芸品知事指定されております。
彫師が彫刻刀を用いて版画に
彫刻をする。
  周りの余計な部分をノミでさら
える作業。
 
バレンで版画を摺る。   仕上がり具合を確認する。

 木版印刷は、飛鳥時代に百済(朝鮮)から仏教が伝えられた6世紀半ば、一緒に伝来した経文印刷用の文字木版に端を発します。その時に添えられていた仏像の簡単な輪郭摺り用の版木がヒントになって、後世欧米人を仰天させ、「世界芸術の殿堂」入りを果たした江戸浮世絵木版画へと発展していきました。江戸時代に日本独自の素材と手法を駆使して、広く民衆に愛され流布した浮世絵木版画は、別名江戸版画とも呼ばれていますが、これは版画が江戸に起源するという意味ではありません。優れた画家をはじめとする芸術家のほとんどは京都が活躍の場であり、彼らが生み出した芸術作品は多すぎて数えきれないほどです。当然出版も活発で、なかでも本阿弥光悦の「嵯峨本」は特に高名です。京都で生み出された版本の多くは全国に普及し、とりわけ江戸の人々に大きな影響を与えました。家康によって江戸に幕府が移され、ここを生活の拠点とする人々が爆発的に増えたと言っても、文化芸術面での師は京都であり、京都の模倣の域を出なかったのです。
  伝統木版の製作は、絵師、彫師、摺師の協同作業によって成りたちます。それゆえ、この三者のうち誰か一人でも凡庸であれば、優れた版画は出来上がらないのです。創作版画のように自画、自刻、自摺のケースもありますが、摺り彫りも長い修業を経たものでないとやはり無理といえます。

Topics2
平成新作仏画
当麻曼陀羅図(軸)
当麻曼陀羅図(軸)
 日本を代表する仏画は、七世紀頃より中国から伝わり、刺繍仏画釈迦説法図や綴織仏画として残っています。その後日本国内でも刺繍・綴織仏画が制作され、名品・名作の写しも数多く作られてきました。
平安・鎌倉時代に作られた仏画を再現して、現在に普及させようと商品開発もされてきましたが、仏画は手作りのため制作日数も長く、制作コストも高く、普及面で問題がありました。
そこで何年もの複製開発に取り組み、京都で活躍している織物、染色、手描金彩、型染螺鈿(らでん)等の伝統工芸士の技と最先端のハイテク技法を融合させ、従来の版画やシルクスクリーンとはまったく違った、新しい仏画の複製品『平成新作仏画』が誕生しました。伝統の技と最先端の技とが融合し、織物は『平成新作仏画』は、絹本を染めて着彩色し、その上から描かれている仏像や建物、化仏の輪郭を西陣の伝統工芸士による手描きで金彩や螺鈿を施す。そのため画像が印刷とは思えないほど綺麗に仕上がっています。
伝統の技と最先端の技とが融合し、織物は織物らしく、刺繍は刺繍らしい仏画として、また購入しやすい価格で作られました。
Topics3
横須賀市に谷内六郎館オープン
4月28日、横須賀美術館が開館し、その別館の形で、「谷内六郎館」が誕生した。県立観音崎公園の豊かな緑に三方を囲まれ、目の前には東京湾が広がるという開放感ある素晴らしい立地である。
10年ほど前、1336点に及ぶ「週刊新潮表紙絵」のほぼ全てが谷内さんのご遺族から横須賀市に寄贈された。谷内さんがかつて横須賀にアトリエを持っていたのがご縁
だという。寄贈されたその膨大な作品を基にして、今回、「谷内六郎館」が設立されることになった。その昔、新潮社本館の食堂脇に収納庫をつくってお預かりしていたあの表紙絵たちも、やっと終の棲家を見つけることができたというのが実感である。
開館記念として開かれている「谷内六郎週刊新潮表紙絵展」には創刊号から1957年までの120点が展示されている。7月8日までが会期だが、ひき続き、7月14日から10月8日までの会期で、「1958年〜1959年」の表紙絵が展示され、以後も同様に展示替がされほぼいつでも谷内展を見ることができる。また、別棟の展示室では、私が代表をするアートデイズから昨年刊行された絵本『海と風船』をもとに作られたビデオ映像が常時放映されている。
都心からのアクセスは電車で約1時間半。京浜急行の浦賀駅で下車し、@番乗り場から京急バス「観音崎行き」に乗ると15分ほどで終点。そこから徒歩で3分ほどだが、降りれば同館はすぐわかる。
同館本館では、やはり開館記念特別展として「日本近代美術を俯瞰する」という展覧会を開催していた。収蔵作品を中心にした展観だが、梅原龍三郎、岸田劉生、佐伯祐三、国吉康雄といった洋画の巨匠たちの秀作に混じって、横山大観、竹内栖鳳、鏑木清方など日本画の大御所の作品も華を添えていて、正直見ごたえがあった。谷内展のついでに、是非、本館にも寄られることをお勧めしたい。館内にはワインの飲める洒落たレストランもあって、ゆっくり1日過ごすこともできる。
 
shunyosha Copyright © 2006- Syunyosha. All rights reserved.