bijutsuhin.com
HOME トピックス 谷内六郎作品 美術絵本  「京の絵本」 木版画作品 陶器・平成新作仏画・その他 作品 ご購入
子供が置き忘れた紙風船。海辺の町を楽しげに旅していった・・・。
幼き日への郷愁と日本人の心の風景を描き続けた画家・谷内六郎さんが遺した18枚の油絵と自ら書き添えた詩的なストーリー。
雨後

海と風船
没後、初めて絵本として刊行!
童話作家
立原えりかさんの序文も収録

 

絵と文/谷内六郎
発行 アートデイズ
税込定価1500円(本体1429円)
B5上製
2006年2月4日発売
ISBN 4-86119-049-5

立原えりか(本書序文より)
・・・(絵は)一八枚あって、ふくらんだ紙風船が描かれている。風船とともに描かれているのは忘れたことがない谷内さんならではの光景だった。海も林も雲も舟もなつかしい。
「帰ってきたよ」
紙風船の声が笑っていた。
幸福ではちきれそうな風船は、存分に飛んだあとで海の向こうに去っていく。
「おうちにお帰り」
 ささやきかけて見送った。風船は、魂のふるさとをもとめる人たちのところへいくのだと思った。


www.artdays.co.jp
shunyosha Copyright © 2006- Syunyosha. All rights reserved.